RSK インターネット会員(RSKサテラ)会員規約

第1条(目的)
 
本規約は、山陽放送株式会社が運営するインターネット会員サービス「RSKサテラ」(以下「RSKサテラ」といいます。)を「RSKサテラ会員」が利用するに当たっての利用条件を定めるものです。
第2条(定義)
 
1.「山陽放送株式会社」
山陽放送株式会社(以下、山陽放送)は「RSKサテラ」を企画・運営する。
 
2.「RSKサテラ」
山陽放送が運営する、ウェブサイト、電子メールを利用した会員制情報配信サービス。
 
3.「RSKサテラ会員」
当RSKサテラにおける各種サービスの利用を希望する者で、本規約を承認した上で、第3条に基づき入会申込を行い、山陽放送が承諾した者をいいます。
 
4.「クライアント」
RSKサテラ会員に対して情報を発信する依頼主若しくは広告主。
 
5.「発信情報」
クライアント及び山陽放送からRSKサテラ会員に対して発信される情報。
 
6.「送り先アドレス」
RSKサテラ会員において会員が電子メールの配信先として指定した電子メールアドレス。
 
7.「RSKサテラホームページ」
PC上および携帯電話上などを通じて、山陽放送が提供するインターネットを介したRSKサテラのホームページ。
 
第3条(入会申込の受付及び承諾)
1.当RSKサテラの入会申込は、当社所定フォームに必要事項を入力または記入し、ホームページ上にて山陽放送宛てに送信する方法で行います。
2.山陽放送が、不適当と認めた場合には、入会申込を承諾しないことがあります。
3.山陽放送は、申込を承諾した場合、入会申込者に対し、会員ID及びパスワードを交付し、これらを速やかに通知するものとします。なお、この通知の発信により、利用申込に対する承諾の効力が生じ、利用申込者は会員となるものとします。
 
第4条(変更の届出)
1.RSKサテラ会員は、送り先アドレスなどの登録情報に変更が生じた場合には、山陽放送株式会社が別途指示する方法により、速やかに届出るものとします。
 
2.RSKサテラ会員は、登録情報に変更が無い場合でも、登録者本人の会員ページで常に登録情報を確認する義務を有するものとします。
 
第5条(退会および会員資格の取消)
1.RSKサテラ会員は、別途定める所定の退会手続きを経ることにより、いつでも退会できるものとします。(退会方法については、『第9条に規定するサービス内容に関する附記』に記載しています)
 
2.RSKサテラ会員が以下の各号の一に該当する場合、山陽放送は、事前に通知することなく、直ちに当該RSKサテラ会員の会員資格を取消すことができるものとします。
(1)第7条に規定する行為を行った場合。
(2)RSKサテラへの登録、届出内容に虚偽があった場合。
(3)登録アドレスへ宛てた電子メールがエラーとして頻繁に返信される場合。
(4)本規約に違反した場合。
(5)個人情報詐称等RSKサテラ会員として不適切もしくは会員資格の継続が困難であると山陽放送が判断した場合。
 
3.RSKサテラ会員は、会員資格を喪失した場合には、第9条に定められたすべてのサービスを受ける権利を喪失します。
 
第6条(著作権等)
1.RSKサテラ会員は、いかなる方法においても、RSKサテラを通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で定めるRSKサテラ会員個人の私的使用の範囲外で使用することはできません。
 
2.RSKサテラ会員は、権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、第三者をして、RSKサテラを通じて提供されるいかなる情報も、使用させたり、公開させたりすることはできません。
 
3.本条の規定に違反して問題が発生した場合、RSKサテラ会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、山陽放送に何等の迷惑または損害を与えないものとします。
 
第7条(禁止事項)
RSKサテラ会員は、RSKサテラの利用にあたって以下の行為を行ってはならないものとします。
(1) 第三者もしくは山陽放送の著作権その他の権利を侵害する行為、または侵害する虞のある行為。
(2) 他のRSKサテラ会員、第三者もしくは山陽放送の財産もしくはプライバシーを侵害する行為、または侵害する虞のある行為。
(3) 他のRSKサテラ会員、第三者もしくは山陽放送に不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらの虞のある行為。
(4) 公序良俗に反する行為またはその虞のある行為。
(5) 犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為、またはその虞のある行為。
(6) 山陽放送の承認なく、RSKサテラに関連する営利を目的とした行為、またはその準備を目的とした行為。
(7) RSKサテラの運営を妨げる行為。
(8) RSKサテラの信用を毀損する行為。
(9)I Dおよびパスワードを不正に使用する行為。
(10) 法令に違反する、または違反する虞のある行為。
(11) 山陽放送が不適切と判断する行為。
 
第8条(IDおよびパスワードの管理)
1.RSKサテラ会員は、会員登録手続後に山陽放送がRSKサテラ会員に付与するIDおよびRSKサテラ会員が登録するパスワードについて管理責任を負うものとします。
 
2.IDおよびパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者による使用等に起因する損害の責任はRSKサテラ会員が負うものとし、山陽放送は一切責任を負いません。
 
3.RSKサテラ会員は、IDおよびパスワードの盗難があった場合、IDおよびパスワードを失念した場合、またはIDおよびパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちに山陽放送にその旨連絡するとともに、山陽放送からの指示がある場合には、これに従うものとします。
 
第9条(サービスの提供)
1.RSKサテラの各種サービスは、本規約に従って提供されるものとします。
 
2.山陽放送は、RSKサテラの各種サービスをRSKサテラ会員に無償で提供するものとします。
 
3.RSKサテラ会員は、RSKサテラにより実施されるキャンペーンを通して、抽選によりプレゼントを受け取る権利を保有します。ただし第4条に定める制限が加えられます。
 
4.RSKサテラでは、RSKサテラ会員に対してクライアントよりお預かりした発信情報が電子メールにより配信されます。
 
5.RSKサテラでは、RSKサテラ会員へ「お知らせ」、「メールマガジン」等の情報を電子メールで配信します。また、それらの電子メールにクライアントよりお預かりした発信情報が挿入されることがあります。
 
6.RSKサテラでは、随時RSKサテラ会員に対するサービスを追加的に実施することができます。それらのサービスはRSKサテラホームページ等において告知されます。また、それらのサービスのために本規約とは別の規約が制定されることがあります。
 
7.RSKサテラで提供されるすべてのサービスは、RSKサテラ会員であることを前提として提供されます。したがって、RSKサテラ会員の会員登録が削除された場合、すべてのサービスの提供が停止され、それに付随するあらゆるデータ等は破棄されます。山陽放送はそれによって生じるいかなる損害、障害等に対して一切の責任を負いません。
 
8.山陽放送は、理由の如何を問わず、RSKサテラ会員に事前の通知をすることなく、RSKサテラ内容の一部または全部の変更、追加、中断、中止および廃止することができます。但し、RSKサテラの全部を廃止する場合には、山陽放送が適当と判断する方法で、事前にRSKサテラ会員にその旨を電子メールにより通知し、もしくはRSKサテラホームページ上で告知します。
 
第10条(プレゼントの提供)
1.RSKサテラ会員に対してキャンペーンを通じてプレゼントを提供します。
 
2.当選者は、必要に応じて山陽放送の指定した方式に従って、登録確認をしなければなりません。登録確認がなされない場合には、当選者はプレゼント受け取りの権利を喪失します。
 
3.山陽放送は、当選者に対して登録属性のチェックをする権利を有します。このチェックによって万が一虚偽の登録が判明した場合には、RSKサテラ会員登録が削除されるとともに、当選者はプレゼント受け取り権を喪失することとします。
 
4.当選者は、プレゼント受け取り権を譲渡することはできません。
 
第11条(山陽放送の設備の修理または復旧)
1.RSKサテラの利用中に、RSKサテラ会員が山陽放送の設備またはサービスに異常を発見し、山陽放送に修理または復旧の旨請求する場合には、RSKサテラ会員は、会員自身の設備等に故障がないことを事前に確認するものとします。
 
2.山陽放送は、山陽放送の設備もしくはサービスに障害を生じ、またはその設備が滅失したことを知ったときは、速やかにその設備を修理・復旧するよう努めるものとします。
 
第12条(サービスの中止)
1.山陽放送は、天災、事変、その他の非常事態が発生し、もしくは発生する虞がある場合、山陽放送のシステムの保守を定期的に、もしくは緊急に行う場合、または山陽放送の設備の障害その他やむを得ない事由が生じた場合、山陽放送の判断により、RSKサテラの提供の全部または一部を中断または中止することができるものとします。
 
2.山陽放送は、前項の規定によりRSKサテラの提供を中断または中止する場合は、山陽放送が適当と判断する方法で、事前にRSKサテラ会員およびクライアントにその旨を電子メールにより通知し、またはRSKサテラホームページ上で告知します。但し、緊急の場合には、この限りではありません。
 
3.山陽放送は理由の如何を問わず、RSKサテラの提供の中断または中止によってRSKサテラ会員およびクライアントに生じた損害につき、一切責任を負いません。
 
第13条(RSKサテラ会員の情報)
1.RSKサテラ会員は、山陽放送が、RSKサテラ会員から入手した送り先アドレスおよびその他の情報を、RSKサテラを提供する目的で利用することに異議を申し立てないものとします。
 
2.RSKサテラ会員は、山陽放送がRSKサテラ会員の要望とクライアントの要望をマッチングさせるために、RSKサテラ会員の登録情報(年齢分布、趣味趣向、利用履歴等)を、個人を特定できない統計情報として、クライアントに開示することについて異議を申し立てないものとします。ただし、個人を特定できる情報を、山陽放送が、クライアントその他の第三者に対して公開したり、販売したりすることはありません。
 
3.RSKサテラ会員は、山陽放送がRSKサテラ会員への連絡、確認等のために送り先アドレスに対して、登録されたRSKサテラ会員の個人情報を電子メールにて送付することについて異議を申し立てないものとします。
 
4.RSKサテラ会員は、山陽放送がRSKサテラ会員に対してより適した情報を配信するために利用履歴をとることについて異議を申し立てないものとします。ただし、第2項に定めるクライアントへの開示を除いては、山陽放送が、取得したRSKサテラ会員の利用履歴を、第三者に公開したり、販売したりすることはありません。
 
5.RSKサテラ会員が第7条に違反する行為をするなどして,それにより第三者の生命、身体又は財産に不利益を及ぼすと山陽放送が判断した場合には、山陽放送は、RSKサテラ会員の登録情報を当該第三者や警察または関連諸機関に通知することができます。
 
6.裁判所、検察庁、警察、弁護士会、消費者センター、またはこれらに準じた権限を有する機関から、法令等に基づき、RSKサテラ会員の登録情報について開示を求められた場合、山陽放送は、これに応じて情報を開示することができます。
 
第14条(免責事項)
1.山陽放送は、RSKサテラのサービス内容、および会員がRSKサテラを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も行わないこととします。
2.本サービスの提供、遅延、中断、中止、停止、もしくは廃止またはその他本サービスに関連して発生した会員または第三者の損害について、山陽放送の故意または重大な過失のある場合を除き、山陽放送は会員に対して一切の責任を負わないものとします。
3.山陽放送は必要に応じて会員のサービス利用に関する諸規定を作成し、利用の制約を行なう権利を有します。
4.会員が本サービス内において広告主や販売者と何らかの取引を行う場合、山陽放送は当該契約・取引・提供サービスについて一切感知せず、責任を負いません。
5.本サイトからリンクされているサイトの情報についての責任、その内容から発生する問題もしくは副次的にもたらされるあらゆる問題についての責任はすべて、リンク先のサイトそれぞれの管理者等が負っており、山陽放送は一切責任を負いません。

第15条(発信情報のチェック)
山陽放送は、クライアントより依頼された発信情報について、放送広告のガイドライン等に沿って事前にチェックし、適当でないと判断した場合には送信を拒否する権利を有します。
 
第16条(管轄裁判所)
1.RSKサテラに関連してRSKサテラ会員または/およびクライアントと、山陽放送との間で問題が生じた場合には、RSKサテラ会員または/およびクライアントと、山陽放送で誠意をもって協議するものとします。
2.協議しても解決しない場合、岡山地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
  
(第9条に規定するサービス提供に関する附記)
 パソコン会員
・本項目に該当する会員は、RSKサテラホームページ上の「登録削除」よりログイン後、退会手続きを行うことができます。
 モバイル会員
・本項目に該当する会員については携帯電話用RSKサテラホームページ上で配信停止の手続を実施することにより退会の扱いとします。
 
付則 この規約は平成21年11月1日から実施します。

以上
新規会員登録>>